地理学科の特徴

現地研究(実習、体験型授業)

現地研究(実習・体験型授業)

地理学科の教育の大きな特色は、現地研究という実習科目にあります。教員と学生が数日間フィールドにでかけ寝食をともにし、地域調査とディスカッションを通して地域の実態への認識を深めます。「百聞は一見にしかず」とはまことに地理学のためにあるようなことわざです。テーマや地域を実際に即して観察・調査することで多くの知見を得ることができます。

詳細は地理学教室のホームページ(geo-net)をご覧ください。

多彩な教員と科目群の広さ

地理学科には10人の専任教員と外部から多くの講師を招いて、みなさんの教育/学習の手助けをしています。

地理学科の守備範囲は大きく文化・歴史系(文化地理学、歴史地理学、観光地理学など)、社会・経済系(社会地理学、経済地理学、都市地理学など)、自然・環境系(地形学、気候学、水文学など)と3つに分けることができます。また、教員は自分の専門分野の研究成果を生かして、地誌(日本地誌、世界地誌など)を教授しています。

1年生から始まる専門科目

地理学の専門科目は1年生から始まり、2年、3年と進むにつれて、より深く学ぶことになります。講義と並行して実習や演習があり、文献を読んだりインドアワークやフィールドワークの技術を学びます。

理科の免許、測量士補、地域調査士、GIS学術士の資格がとれる。

一般的に理科の免許は理科系の学部しか取ることは出来ません。しかし、法政大学地理学科では社会科の免許の他に理科の免許を取得することが可能です。また測量士補、地域調査士、GIS学術士の資格を取得することが可能です。

卒業生から

『地理学科は文系でも理系でもない。総合学科です。』この言葉を聞き、私は入学しました。高校生の私には、将来何になりたくて、何がしたいのかわかりませんでした。

その後、地理学科に入学し人間力を高めることができました。その理由として、現地研究という科目があり、フィールドワークを通じて仲間と共に苦労しながら調査を行ったことで、人として成長することができたと思います。大学生活で出来た仲間は掛け替えのないものです。

私は現在、銀行に勤めています。一見、地理学科とは関係のない職業だと思いますが、『自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力』を大学で学べたことにより、就職できたのではないかと思います。そして、なによりも大変だったのが卒業論文です。自ら気づき、考え、行動する。人は学び続けなければならない。このことを最後に学ぶことができ、今の活力、原動力になっています。

永田 景子さん
2010年 地理学科卒業
株式会社 りそな銀行

卒業生から

地理学科での思い出は、フィールドワークです。自分の足で、眼で、肌で自然を感じる。 フィールドに行くことで初めて得られるものがあり、自分の五感を刺激しながらの学習はとても有意義でした。 まさに、百聞は一見にしかずを実感した4年間でした。

そういった経験を活かし、私は現在中学で理科を教えています。私の授業では、 実物や現場といったホンモノから学ぶということに重点をおいています。ただ話をきいてノートを書くのではなく、 実験や観察をたくさん取り入れ、生徒が五感で感じ能動的になれる授業を確立するため日々奮闘しています。 また、生徒に図をたくさん書かせることで表現する力を養うことにも力を入れています。 卒業論文を書く際に自分のとったデータをどのように表現すれば伝わりやすいのか悩んだことも、 今では生徒に伝わりやすい図を作るということに活かされています。

清水 大地さん
2010年 地理学科卒業
東京都中学校理科教諭

地理学科で取得できる資格

測量士補、中学校教諭一種免許(社会)、高等学校教諭一種免許(地理歴史)、高等学校教諭一種免許(公民)または中学校教諭一種免許(理科)、高等学校教諭一種免許(理科)、図書館司書、学校図書館司書教諭、博物館学芸員、社会教育主事、地域調査士
※詳しくは、キャリア・就職支援のページをご覧ください。